2018年11月6日火曜日

2018年のteto² 終了いたしました                     




11月4日をもちまして
今年度の営業が無事終了いたしました。
 
まずは冬眠に入りますご報告を。
今年はわたくしのガラスの仕事の関係でやむなく早めの冬眠宣言です。
 
どうかお間違いないように。
 
来年4月の大型連休の1週前の土曜日が
2019年の営業開始の予定でございます。





感謝をお伝えしたい方がたくさんおりますし
ラストのイベントではチャリティーにご協力くださた方々へ
きちんと報告もするつもりでおります。
みなさまへのご挨拶は近日あらためさせていただきます。



今年度大変お世話になりました作家の皆様へ

終了と同時に 作家の皆様への精算のお仕事も始めておりますが
ご精算 今しばらくお待ちください。

まずは今週はギャラリー内の片付けを進めつつ
作家への転身チャンネルガチャリガチャリと切り替えてまいります。




営業終了と冬眠宣言の
ご報告まで

心よりの感謝を込めまして
















2018年11月1日木曜日

冬のガラスもいいものです                                  工房ワタリガラス 



1日に3名の作家紹介。。。
こんなペースでご紹介出来るなら普段からやらねばいけませんね。。。(>_<)


終了間際になってしまった作家さん
そして常設作家さんの中には
ご紹介出来ずに終わった作家さんもいらっしゃり
本当に申し訳なく思っております。

これは本当に来年の課題。。。(T_T)

お店にいらしてくださる方が直接手にとってご覧いただいて
作品を確認していただくのが理想ではありますが

遠方からの方には 
今どんな作品があるのかを
ご覧になりたい作家さんの作品があるかどうかを確認していただけるよう
来年はもっと使いやすい 見やすいブログの作り方・投稿の仕方
心がけようと思います。




というわけで
紹介出来ずに終わる作家さんがいる中で大変恐縮なのですが
何人かのお客様から「あの作品はないのですか?」と
尋ねていただくことがあったもので
私の作品になりますが しばらくぶりに入荷しましたのでご紹介。


さらりとまいります。笑




縁側の飾り棚に時たま現れます ガラスのドングリ
 
 



これをペンダントにしたものを 
だいぶ以前のやきもの市で出したのですが
それを覚えていてくださった方から






あのペンダントまた作らないのですか~?
と言っていただき
この年末になり ようやく小さめのドングリに
金具つけて3つペンダント作りました。









このほかにも追加で納品した作品はいくつかございます。 
冬でもガラスの食器は決して冷たい印象はなく
逆に弱くなった冬の光をたたえたり反射したりして
あったかいイメージがあるように感じます。















冬にガラスもいいもんなんですよ♪




こちらもぜひ
残る2日間 お手に取りにいらしてください。
 
 
 
 
 







最後の最後で新人さんご紹介                                        すでに老成のたたずまい 築地祥郞



続投です。

ラストになってようやくご紹介
今年のやきもの市で出会った作家さん
札幌の築地祥郞さん




江別のやきもの市で
最初ブースを見て回って 
ご自身がちょうどブースにいらっしゃらない時で
作品だけ見て「どんな方だろう?」とぼんやり想像して
作品に渋みや日本的な陰りのような落ち着きを感じ
勝手に自分よりかなり年上の作家さんを想像していました。

そのあとブースをもう一度訪ねると・・・
そこにいらっしゃったのは
すらりとした今時のテレビに出てきそうな美少年。(失礼(^_^;))

その作品のイメージとご自身のギャップに驚いたのを思い出します。笑




お話しすると ほんとうにきちんとなさっていて
書もやられたり
興味を持っているものが日本古来のわびさびを基にしたものが多いようで
そこで作風に納得しました。

そしてまだまだ作陶歴が浅いけれど
きちんとした基本を押さえてらして
これから数をこなし 技術が上がっていくと 
そのもともと持ってらしたものを活かせるスキルが身に付いた時
楽しみな作家さんになる雰囲気がしました。

このきちんとした基本を押さえている理由も
師事していた方が 旭川の陶芸家工藤和彦さんだったということで
なるほど。。。と思ったわけです。




7月のやきもの市後
お付き合いをお願いに上がるつもりで 時がたち
では9月になったら…と予定を組もうとしていて地震が起き
結局今年度の営業が残り2カ月くらいになって
ようやく常設作家さんに加わっていただきました。


なので
ご紹介の時間があまりとれず まだご覧になっていない
お客様もいらっしゃるかと…



来年もお付き合いお願いするつもりではおりますが
それは作家さんにおまかせなので
来年になってからのお楽しみですね。



こんな渋目の茶器とうつわで
おいしい緑茶と和菓子をいただいてみたい。。。
 
 
お付き合い来年も続きますように♪
 
 
 
 
 
 
本日 もう一つ記事更新予定!
 
そして さて作家さん紹介・・・もう時間がなくなってきました。(^_^;)
あとどなたがご紹介出来るでしょうか…
 
明日は時間がとれるかな…?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



こちらの器も人気です                                  田村由美子 織部の器



いきなりぐぐっと冬の気配。
札幌の山の方ではすでに初雪の知らせ。
先輩友人は投稿で
「冬将軍の露払い」と表現されていて
その素敵な表現に感心。

そう。まさにその冬将軍がすぐそこまで来ているのを感じます。



ラスト2日を迎え 残りの時間 引き続き 作品紹介まいります。






今年のオープン前に納品に伺ってから 感じていたことなのですが
札幌の厚別にお住まいの織部焼の陶芸家『田村由美子』さんの作品に
微妙な変化が。




これまでよりフォルムが
ずっとフリーハンドになり
有機的なラインのものが
増えたような。。。

また描かれる絵も 
以前よりずっとずっと自由で
ダイナミックだったり 
モチーフがかわいらしかったり。




作風が少し変わられましたね?
というと
「そうね~なんだか孫が生まれて その相手をしていると違う物作りたくなってね…笑」
「きちんとした形でなくて 粘土をこねたその勢いのままのようなね。。。」
と嬉しそうに微笑まれながらお話してくださいました。


確かにこれまでよりずっと自由な感じがします。

小さなお茶碗の底に描かれた チンアナゴや小さな千鳥
フリーカップにはお野菜が大胆にデザインされて描かれていたり・・・

これまでも織部焼のイメージからは 少しはなれた
モダンな模様を施したりなさってらした田村さん。

お孫さんの相手をしていると そのくくりとか既成概念等が
どうでもいいちっぽけなこだわりと思える瞬間があるというのは想像に難くないです。

お孫さんの生命力の影響をこんな感じで肌で感じて
作風に活かせるというのは
やはり作家さんとして長く制作してきた感性があるからでしょうね。

素敵です。


そしてこの変化のためか 今年は田村さんの作品がとても人気でした。
先日札幌に出た際に寄らせていただき追加で納品していただいた作品も
いくつかすでにお嫁入り。






定番ともいえる こちらの角皿も 少し大きめの長方形のタイプの入荷しております。
お正月の晴れの料理を盛る時などに 重宝しますよ。
 
 


田村さんの織部焼の器達。
裏まで本当に細かく気持ちがこもっています。

お料理を盛る前と盛ってからと 食べ終わって
そして洗って伏せた時まで楽しめそう♡

お手に取りにいらして裏返してご覧くださいね♪





寒さが増します今週末。
ギャラリー内もストーブ2台では寒いかもしれません。
どうぞ温かい恰好をなさってお越しくださいませ。





2018年10月30日火曜日

ギリギリ間に合いました                               増田寿志さんの絵画カレンダー2019




残り二日の営業を前にして
あわてて投稿ペースを上げている店主ですが(^_^;)
実はこの時期にならないとご紹介出来ない作品もあるのです。

それがこちら

自然画家の増田寿志さん2019カレンダー




今年は例年よりギャラリーの最終日が早く
間に合わないかな。。。と心配していたのですが
何とかギリギリ間に合いました。

今年もとても素敵な絵がたくさんちりばめられています。





我が家には4冊のカレンダーが
いろいろな部屋に飾ってあるのですが
増田さんのは食卓の壁に。

家族の会話で
日付を確認するたびに
このカレンダーを見ているので
毎日なんだか とても幸せ♡

←来年のこの子なんて
見るたびにとろけちゃうしぐさと表情~


原画の素晴らしさには劣りますが
使い終わって
絵の方を額縁に入れて
飾るのもお勧めです。




入荷してすぐに いつも買ってくださる方がご予約くださり
残りわずかとなっております。

どうぞ中身を確認しにお越しになって
じっくり増田さんの絵を堪能してくださいね。






それから一つお知らせも。
増田寿志さんの個展が開催されます。

【札幌】 さっぽろ東急百貨店
        (10/25~10/31)

 
珍しくカラーです!!!   ⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
観に行きたいけどもう今週は時間がないので残念
ファンの方必見です


【東京】 Art Gallery OPPO         
           (11/13~11/18)
【札幌】 ギャラリーエッセ
           (12/4~12/9)















2018年10月29日月曜日

残り2日ですが・・・    こんな素敵な器達まだまだご紹介         伊丹裕子・福盛田眞智子



土曜日はものすごい雨と風。
札幌の南の方では午前中は警報が鳴りっぱなしだったとか。
我が家はいろんな所が雨漏りしてました。笑 オンボロです。

そんな天気だから
お客様はいらっしゃらないだろうと思っていたら・・・

「今年も もうあと少しでおしまいだから…」と
常連のお客様がたくさんいらしてくださり

なんだか嬉しいやら
こんな天気の中本当に申し訳ないやらで
いつものように支えていただいているありがたみをじっくりと味わっておりました。

なぜだか皆様
「なかなかこれなくてごめんなさいね~」と申し訳なさそうで・・・
ほんとうに1年に1度でも (いや3年に1度でも)
また行こうと思ってくださるだけで
どれだけ嬉しいか♡

本当にありがとうございます。

そのお気持ちだけでも
いつもいいお店づくりを心がけようと思います。




さて本題

そんな感謝の念を抱きつつも大反省なのことが…

毎年 残りの営業日を数えるころになると同じ事を言っている気がしますが、
常設作家さん達の作品を紹介しきれずに
今年も終わろうとしております。

カテゴリー別に作家さんの在庫がチェックできるようにしたのに
これじゃあんまり意味がない。。。
(本当に作家の皆様 申し訳ない!!!)

来年はこのあたり もう少し上手にできるよう頑張ります。



というわけで
あと残り2日じゃないの~とは言わずに
どうか作品ご紹介記事 ご覧ください。



こちら実は
『家 HOUSE おうち展』の後 「水をたくさん飲みましょう~♫」という
プチ企画を立ててコーナー作って展示していたので
そのコーナーでディスプレイしていた作品の紹介として
地震の直前に記事まで書いて投稿しようと思っていたら・・・
大きな地震が起きて翌週はお休みに。
次の企画が始まったので
投稿がボツになってしまい紹介遅くなりました。

札幌在住の陶芸家伊丹裕子さん作品達。

写真の湯呑。
しのぎの入り方が一つ一つ違って 色味も微妙に個性的。
くみ出しとしてはもちろん
お水をこくこくと飲むのにちょうどいいサイズ。
そして伊丹さん特有の 
淡いブルーや生成りの色味がとてもフォルムにマッチしている作品です。

女性の手でも片手でふうわりと包めるというところからも
毎日手に取りたくなる器になる気がします。

残ったら teto²のお客様用(ワークショップの時などに使うため)の
湯呑にしようとたくらんでおります。


伊丹さんの作品はこれ以外に

 
 
ツートンカラーが素敵なたっぷりサイズのマグカップ
 
 
                                                   流れる曲線やしのぎの入り方が                           柔らかい印象のミルクピッチャー等
どこかやさしい感じのする伊丹さんの器
ご覧になりにいらしてくださいね。
 
 
 
 
 
 
 
そして次にご紹介は
先日追加納品で工房に伺い
新作のマグをお預かりしてきた
江別市在住の福盛田眞智子さんの作品。
 
 
 
 
私がこのマグを選んでいたら                              福盛田さんが「これ何かに似てるでしょ?」                       私「?」                                            福「羊のショーンに似てない?」                              私「あ~~~ほんとだ!ショーンですね  笑」   
                                                                                                                    
そんなおちゃめな福盛田さんが私は大好きです
(まだ小さなお孫さんいるからなのかしら~笑)
 
 
 
 
その他 同じテクスチュアのスポンジの化粧土の
注器など
(写真のは取っ手が真鍮ですが 今回入荷はご自身の作による蔓を編んだもの)
 
 
 
福盛田さんの器は さすがベテラン。
王道といった風格がありつつ 
堅牢で でも女性らしさも感じる
毎日の暮らしで働きものになる器達がいっぱいです。
 
*昨日も 三島手(みしまで)のかわいらしいご飯茶わんがお嫁入り。
きっと毎日使われることでしょう♪
 
 
どちらの作家さんの作品も来年もご覧になれますが
その年その年で出会える器は違います。
 
今年の作品をご覧になりにぜひお越しくださいね~。
 
 
 
 
 
 










2018年10月27日土曜日

こんな Gift Sets もございます                         櫻井芳枝[白樺のキャンドル]と柴田睦子の[片耳の平皿]



今年は最近少し暖かい日が続いているせいか
遠くに見える山の紅葉がきれいじゃない気がします。

でもギャラリーの縁側から見えるモミジはいい色に色づいてます。

いつも息子が「鹿だ~!」という不思議な形の松の枝
こうしてみると紅葉の中を駆け抜けているよう。





さて あと4日 
せっせとご紹介続けます。




只今開催中『小さな贈り物展』では
作家さんお二人の作品をコラボしてちょっぴりお買い得なセットにした
スペシャル Gift Sets もご用意しております。

こちらは櫻井芳枝さんの白樺の枝のキャンドルと
柴田睦子さんの片耳のプレートのセット



櫻井さんのキャンドルは
同じ町内にお店を開かれてからは
当店ではこの人気作品のみ販売させていただいております。
白樺の枝が埋め込まれ 
火を灯すとその枝のシルエットが浮かび上がる
それは幻想的で素敵な作品です。




櫻井芳枝さんのキャンドルは蝋の密度が濃いため
とにかく長持ちします。
そしてこの作品のように太いものは
蝋が溶けて行くときに中へ中へと溶けて行くので
しだいにキャンドルそのものがランタンのように光ります。
(このように溶けて行くのも蝋の密度が濃いから)





そして
この作品の素晴らしところはもう一つ!

実は使い続けて残りが底2センチくらいになったら
充填してくださるということ。(お持ち込み限定ですが)
しかもその充填のお値段が¥500!

最初はキャンドル一つ¥3800とお高いと思われるかもしれませんが
その後は¥500で元の状態に戻してくれるわけですから
こんなお買い得なことはありません。



この素敵な白樺の枝のキャンドルを乗せて使うのに
当店のラインナップの中で
一番ぴったりな作品をお選びしました。

こちらも人気作品の柴田睦子さんの片耳のプレート

このセットがおふたつ別々にお買い上げくださるより
ちょっぴりお買い得になっておりますよ♡




ぜひ店頭でお手にとってご覧くださいね~。