2019年10月10日木曜日

いよいよ始まります   『小さな贈りもの展』2019


みなさま しばしのご無沙汰でした。

福田元美さんの原画展&しろとくろのうつわ展も終了し
teto²も緩やかにエンデイングに向かおうとしております。

いつも企画展を開催した後のきちんとしたご報告ができたりできなかったりで
このやりっぱなしの癖 来年は直して行きます!(^_^;)

福田元美さんの原画展は
ファンの方が札幌近郊からわざわざお越しくださり
普段見る事の出来ない印刷前の細く繊細な原画を見て
感嘆の声を漏らしておりました。
ご本人いわく「原画展はもうしないと思います」とのこと。
観る事が出来た方 原画をゲットできた方には 貴重な機会になったようです。

元美さんのポストカードやひとこと箋などのアイテムは
引き続きお取り扱いして行きますね。

素敵な原画を見せてくださった元美さんにも心より感謝いたします。


またしろとくろのうつわ展でも 普段それぞれの作家さんのコーナーにある時より
しっかりご紹介出来たようで
たくさんのうつわ達が皆様の食卓へ旅立って行きました。

お買い求めくださった皆様 ありがとうございました。


こちらの作家さん柴田睦子さん・野村亜土さん・築地祥郞さんの器も
ラストまで常設さんのコーナーにてご紹介していきますね。





そして本日の話題はこちら!

2日ほど前
雪虫見ちゃいました!
いよいよあの“ましろ”にすべてが覆われる季節がはじまります。

teto²も もう残すところひと月。
週末だけなので実際は11日間。(11月1日金曜は例外でオープンします)

今週末12日(土)から 
毎年恒例の『小さな贈りもの展』始まります。


今年はめだまが3つありまして・・・

まず
九州の竹工房の林まさみつ氏の竹かご作品をご紹介する
『小さなえあま展』をコーナー作って開催♡
うつくしく繊細な技術で編まれた林まさみつ氏の竹かごバックや
竹クラフトと呼ばれる盛り皿や盛り籠。
そしてteto²では大人気のお箸「えあまの箸」もたくさん届く予定です。
かごバックは数が少ないので気になる方は是非お早めに。


*そして
仙台のこぎん刺し作家さんunemiさんの細か~~~いお仕事が見られます
こちらも それはそれは美しい作品。
こぎんが刺されたショールや手首ウォーマー。
そして美しいだけでなく こぎんが刺されていることで温かさが増すのです。
刺子をする本来の意味である「温かい布地に変化させる」
その用の美を堪能して下さい。
そして春先に人気ですぐお嫁入りしてしまい 気になっていた方も多いのでは?
青錆色が落ち着いてとてもいいお色でしたブラウスも1着届きますよ。(早い者勝ちです)


*****3つ目は
この企画限定のちょっぴりお買い得なGift Set をたくさんご用意。
消費税抜きの作品もまだまだたくさんある中で セットになっていることで
プレゼントにはぴったりのお買い得価格になっていますよ♡
ポップが貼ってあるのがGift Set です。店内を探してね~♫



 そしてそして・・・
 こちらも毎年恒例のteto²から皆様への日ごろのご愛顧への感謝の気持ちとして
ギフトセット以外の作品のお買い上げ合計金額が
¥3000・¥5000・¥10000以上で ささやかですが
小さな贈りものご用意しております。(数に限りがありますのでこちらもお早めに)


と盛りだくさんで12日から皆様のお越しをお待ちしております。
ぐぐっと気温が下がってまいりました。

温かい恰好でお越しください。




手書きフライヤー 鋭意制作中。(今頃?)
いろいろギリギリになっちゃうな。。。
来年への いやここ何年も同じ課題だわ・・・反省


















2019年9月30日月曜日

「しろとくろ」の世界 あと1週間見られます♪  OPEN DAY 10月・11月 そして消費税に関してのお知らせ




なんだかんだといろいろ予定をこなしていると時間が経つのは早いもので
9月も本日で終了。

友達と始めた田んぼでは
3人でやっているし0.4反だし稲刈りもすぐ終わるだろう。。。と
甘く見ていたら・・・
先日1日頑張ったけど 半分も終わらず・・・また明日1日かけて頑張ります。



今日は午前中 家の猫を病院に連れて行くつもりが
出入り自由な子たちなので
朝から何かを察していない。。。
昼になっても帰ってこない。。。(T_T)


せっかくそのために予定を調整してるのに
思い通りにいかないものです。。。トホホ





愚痴をこぼしている間にも
実は もう今年の営業もあとひと月ちょっととなりました。(悲し・・・(T_T))

今年は11月4日(月)文化の日が最終日となります。

そして
昨日まで開催の『しろとくろ』展ですが
福田元美さんの原画は今週末(10月5日・6日)も
数は少なくなりますが展示させていただくことになりました。
 

12日から始まります 秋の企画展第2弾
毎年恒例『小さな贈り物展 2019』が予定より1週間遅れて開始になったので
これまで見にいらっしゃれなかった方は ぜひ今週末お越し下さいね。

一昨日や昨日も
たくさんの方が元美さんの原画をご覧くださり
原画が見られる機会がめったにない上に
原画も販売(しかもかなりのお買い得!)しておりましたので
「いいんですか~♡」と嬉しそうに
お嫁にもらって帰られました。



同時開催の しろとくろのうつわ展でも
普段常設作家さんの器が並ぶ棚にあるところから
企画展のお部屋に並べ替え 
スポットライトを当ててしっかりご紹介出来たので
たくさんの子たちがお嫁入り。


ご紹介まだの(更新追いついてなくってすみません (^^ゞ)
柴田睦子さんや野村亜土さんのしろとくろのうつわ達も
お買い上げくださった方の食卓でたくさん働いてくれることと思います。


お越しくださった皆様 お買い上げくださった皆様
ありがとうございました。





さて、残り1カ月ちょっとの OPEN DAY と ほんのちょっとおしらせです。

OPEN DAY  10月・11月

10月
 5日(土)・6日(日)
12日(土)・13日(日)・14日(月)   ・・・小さな贈り物展開催(14日ワークショップ開催*a
19日(土)・20日(日)           ・・・小さな贈り物展開催  
26日(土)・27日(日)           ・・・小さな贈り物展開催

11月
1日(金*b・2日(土)・3日(日)・4日(月)・・・小さな贈り物展開催

*a 14日は「旅するグリーンウッドさん」の『木の枝からスプーンを切りだして作ってみよう♪』
  ワークショップ開催です。(参加申し込みは定員に達したので締めきっております)
*b 11月1日(金)はいつも平日しか来れない方が来れるように
     OPNE DAYとしてみます。休日お仕事の方 ぜひお越しください。



おしらせ

明日10月より消費税が10%に上がります。
teto²ではこれまで多くの作家の皆様にご協力いただき
他店で消費税乗せての販売作品も 消費税抜き で販売してまいりました。
また 販売に関しての経費等(光熱費や備品など)では 
もちろん消費税を払ってやってまりましたが
今後も同じように素晴らしい作品を皆様に見て選んでいただくことを続ける上で
当店も他店と同じように消費税をいただくという心苦しい決断をいたしました。
これまで消費税をいただいていなかった作品が  
いきなり消費税10%となりますので
御負担に思われることとは思います。

そこで今年の10月からラストの11月4日までは
これまで通りの価格設定で作品を販売させていただき
(一部商品は消費税10%になるものもございます)
来年度4月のオープンから消費税10%をいただくことにいたしました。

もちろん作家の方の中には 来年4月からもこれまで通り税抜きで~という方も
いらっしゃるかもしれません。
なので来年度からはプライス表示もわかりやすくして行こうと思います。

まず これまでご協力くださった作家の皆様に深く感謝申し上げます。

そして来年度以降消費税の御負担をお願いいたしますお客様に
どうぞご理解いただけますようにお願い申し上げます。

ラストまではこれまで通りの価格です。
お求めになりたい作家さんの作品ございましたら
是非今年中にお越しくださいませ。


お知らせまで
店主 くまがい






 
 



















2019年9月22日日曜日

しろとくろのうつわ達  築地祥郞







『しろとくろ』第2週目。
本日もたくさんの方に
福田元美さんの
原画展を見ていただきました。




企画展開催の8畳間からは 笑い声が聞こえてきております。
「この表情が・・・」とか 「この格好が・・・」とか
「こういうのをモチーフに選ぶなんて~」等々
みなさま思い思いに呟きながら観てくださって
楽しんでくださっているのがわかり
企画してよかったな…と
店主もみなさまの声を聞きながら喜んでおります。



同時開催のしろとくろのうつわ展も
お買い上げくださる方になぜか料理人が多いという現象が起きており
なんだか面白いな。。。と思っております。

参加して下さっている 
柴田睦子さん
築地祥郞さん
野村亜土さんの器達。

同じしろとくろでも
3人3様のしろとくろ。

盛るお料理をあれこれ想像しながらご覧くださいね。

本日ご紹介はやきもの市でいったん常設から外れましたが
再びteto²常設作家さんに仲間入り
築地祥郞さんのうつわをご紹介。

20代だという祥郞さん。
見た目も本当にお若く 女性のように線が細い。
でも作られる作品は・・・

渋~~~いのです。笑

「書」もやられていて そのギャップに店主はいつもびっくりなのです。

今回出展していただいた作品の中には
この季節 必ずいらしたお客様から尋ねられます
『”さんまを食べるような長皿”はありますか?』という質問に
胸を張って「勿論です!」とお答えできるこちらのお皿や





松茸の土瓶蒸しは無理でも
マイタケでも十分においしいので
やってみてほしい
土瓶蒸しにピッタリの
こちらのお銚子。

眺めていると
おいしいお酒飲みたくなってきますね。







長皿は本日お嫁入りがありましたので のこり3枚となりました。
お正月に等晴れの日の器としても選びたくなる
築地祥郞さんのうつわ達。

ぜひお手に取りにいらしてくださいませ。



次回は耐熱の陶器が人気です。
柴田睦子さんのうつわ紹介です。

お楽しみに~。








2019年9月20日金曜日

『しろとくろ』  シンプルがゆえ 


秋の企画展第1段『しろとくろ』
明日から第2週目。

先週はたくさんポストカードがお嫁入りしました。




実は福田元美さんのポストカードはすでにその数550を超えて
今なお新作を描き続けてらっしゃいます。

全部のポストカードをご紹介したいところですが
さすがに550全部は展示できないので 
普段は自然と店主であるわたくしのチョイスで
断腸の思いで選ばせていただき
120ほどの枚数を展示させていただいております。



そこでは私の好みが反映されちゃうので
以前元美さんの地元で開催された展示に伺った道東に暮らす私の妹が
teto²では見たことのないポストカードを目にして
どうしてあの作品は姉さんの店にはないのだ?と言われたことがありました。笑

元美さんの作品をたくさん見られたことのある方は
描かれる作品にタイプがあることがおわかりかと。

動物や静物 人間などをそのままに描いた作品から
動物が擬人化されたファンタジーの世界観の作品等々

これ!ほんとうに好みが分かれるところなんでしょうね。

なので自然と自分の好みに寄ってしまっている普段のチョイスを
今回は少し変えて選んで展示もしております。

常連のお客様は
「新鮮!」「こういう作風も好きです♡」と喜んでくださっております。





今回の展示にあわせ送っていただいた新作も
これまでの線画とは違って白と黒の力強さが際立って存在感がありますが
表現方法が違ってもやはり元美ワールドは健在です。
どこか力が抜けてて ほっこり うふふと微笑んでしまいます。






「ポストカード 送った方がみなさん喜んでくださるの♫」と
先週いらしたお客様もおっしゃっておりました。

言葉を多く書かずとも何かが伝わる 
元美さんのポストカードはそんな作品なんです。







白と黒のこだわりについて 元美さんに尋ねたら・・・

『あまりにも白と黒と付き合いが長過ぎて、理由がわからなくなってきてます。
多分「好き」が理由じゃないかな、と思います。潔さが。』

という言葉がかえってきました。

『色のことを考えた時、
色のことが理解出来ない(笑)っていうか、
仲間になれない感じがものすごくするんです(笑)何故だか。』

『クリスマスシーズンに赤と緑使えないのは毎年悲しくなりますけど…』
ともおっしゃってました。


もちろん今も時々色を使って描いたりもなさっているそうなのですが
この気持ち。。。実は店主のわたくしよくわかる気がします。

私もガラスを吹く時 ほぼ色ガラスを使いません。
食器ということもあり 中に盛られる料理や注がれる飲み物の色を
邪魔したくないというのもありますが
わたしも色ガラスと仲良しになれない気がする時があるのです。
必要性を感じないと言った方がいいのかな?

そしてわたしも 透明なガラス(スキのガラスと言います)が好きなんです。
元美さんと同じように潔い感じがするし
誤魔化しが効かないぶん しっかり形で勝負しなきゃいけないところも。


しろとくろのイラストを描くのも
スキのガラスを吹くのも
シンプルがゆえに じつは際立つものがあり 
追求すればするほど 奥が深い気がします。 

私はまだまだスキのガラスでやることがある気がするので
色を使っての作品は本当にたまに作る程度です。

元美さんとは
全く同じ意味でスキのガラスを吹いているわけではないけれど
ほんのちょっぴり シンパシーを感じました♡


明日は『しろとくろ』4日目。
 
ぜひたくさんの方に見ていただきたいのです。
 
お友達を連れて ご家族を連れて 秋の由仁町へ お越しください。
お待ちしております。

 







こんなかわいらしい刺繍作品も~♡

刺繍になっても元美さんらしい線なのですよ♫























2019年9月18日水曜日

『旅するグリーンウッドのワークショップ』                      木から削り出すスプーンやヘラを作ってみよう♪



秋の企画展『しろとくろ』第1週終了しました。

昨年 札幌で原画展を開催なさった福田元美さん。
「昨年 札幌でイラスト拝見した後からずっとファンなんです」
そうおっしゃる方が何組もいらしてくださり
新作含め60点もの原画をじっくり堪能して行ってくださいました。

昨日は元美さんの地元(中標津)で
ギャラリーをなさっている方もお越しくださり(たまたまこっちが御実家で帰省中)
思いがけずいろいろ共通点などあり 
話に花が咲いて楽しい時間でした。

皆さん元美さんの描くほっこりとした世界観が大好きなようで
「この方のポストカードを送った友人がみんな本当に喜んでくれるの~♡」と
元美さんのイラストのどこが好きかを熱~く語ってくださったり・・・
原画とポストカードの違いをじっくり見比べて あれこれ感想を言い合ってました。

同時開催のしろとくろの器も色や景色で勝負しない分
フォルムやテクスチュアが生きてきます。
器を構成している要素がシンプルなだけに
盛られる料理が一段と映えます。
お料理を仕事にする友人が選んで行った理由もわかる気がしました。

こちらの詳しいレポは今週ちょこちょこあげてまいります。



*✧☽☀☽✧*✧☽☀☽✧*✧☽☀☽✧*✧☽☀☽✧*✧☽☀☽✧*




さて本日は来月開催のワークショップのお知らせです。

『旅するグリーンウッドのワークショップ』


御自分の身一つで この秋~初冬 全道を旅している草刈まりこさん。
御自分の労働を対価として滞在させていただきながら
友人知人の所だけでなく 広く FBで
「ワークショップ等もしますので滞在させてくださいませんか~?」と
お知らせが回ってきたのは先日のこと。

こういう気持ちも行動力も大好きなわたくしは
これはぜひteto²でもワークショップやっていただきたい!
滞在していっていただきたい!!!と思い しばし経ってから お声掛け。
草刈さんの旅が始まってしまってからにはなりましたが
ちょうど立ち寄れそうだと快諾いただき

10月14日(月)祝日体育の日 
teto²でもワークショップをしていただくことになりました!

枝などの製材していない木から 
切りだして スプーンやヘラを作ってみませんか~?














参加費用はおひとり¥1000 
うち¥200を先日の関東台風の支援募金として
寄付させていただきます。募金先はまだ未定。
お茶とお菓子がつきます





作るものにより作業時間が違います(お値段は一緒です)
 
 スプーン
・・・5時間ほどかかります。
なので午前10時頃 お弁当持参で teto²にいらしていただき
お昼を1時間はさみ午後4時ごろまでとなります。

バターナイフorデザートスプーン
・・・3時間ほどかかります。
なので午後1時にいらしていただき 午後4時ごろまでとなります。

定員がございますので お早めに申し込みください。
小刀等の刃物を使うので単独でのお子様の参加は
小学生高学年からとさせていただきます。


草刈さんのご指導で
わいわい楽しくやろうと思っておりますので
温かく(10月はもう寒いのでね)汚れてもよい恰好で参加お願いします。
(木くずなどがつきます)

ワークショップはもちろん楽しみなのですが(私はお店があるので午後は参加できないかもですが…)
草刈さんのいまやっているこの旅!
この旅のお話もワークショップしながら聞けるのでは?
そしてそれは きっととても面白いものであるはずです。

旅をし続ける事。
しかもその滞在先を知人友人だけでなく 
自分の労働力を対価に滞在させてもらえる所にスケジュールを決めて行く。

聞いているだけでワクワクしませんか~?

そんなお話し聞きながら
木の枝から切り出して少しずつ形になって行く道具達。

製材した木ではなくもっと身近にある枝から
どんなふうにスプーンやヘラが出来上がるのかも楽しみです♡

手のぬくもりがそのまま残ったような
素敵なスプーンやヘラが出来上がるに違いありません。


参加希望の方はなるべくお早めに お電話(☎0123-86-2969)か
FBのイベントページのコメント欄にコメントください。

皆さまの参加お持ちしております。









2019年9月15日日曜日

『しろとくろ』の世界 始まりました



息子から頂いた季節の変わり目の風邪。
うつした本人は足湯して その後ぐぐっと高熱出して 
さっと熱引いて あっという間に治したのに
おばさんの私は経過が悪い。
熱が上がりきらないから その後もなんだかんだと
鼻水出たり のどが痛かったりを繰り返し ここへきてようやく回復の兆し。

季節の変わり目で天気もめちゃめちゃだから
皆様もお体ご自愛くださいね。



 
 
昨日から 福田元美さんの原画展『しろとくろ』始まりました~♫

ちょっとレポートの更新やら遅れておりますが
元美さんの白黒の世界 
本当に楽しい!

原画とイラストの違いって 白と黒だし単線だし
「そんなに違いはないんじゃないの~? 」ってお思いのあなた!
(昨日見にいらしてくださったお客様も 来るまではそう思ってましたと
同じ事おっしゃってました)

実は それが かなり違います

原画を印刷にかけることで 線は太くなり 
あえて雑に塗りつぶしていた部分はまた違った黒い面として仕上がります。
でも原画の時点で べたっと塗りつぶしているわけではないので
印刷すると どこか立体的に感じます。
(うまく伝わらないかな…面でなくテクスチュアが加わると言う感じ)

それが元美イラストの独特の味の一つになっているんだな。。。って
見比べるとわかるのです。

いらしてくださった元美さんのイラストのファンだと言うお客様と
「わ~私はポストカードの方が好き!」
「イヤイヤこの作品は原画も本当に素敵♡」と
あれこれ見比べて楽しみました。


会場はしろとくろの世界。

いつもより色味のないすっきりとした空間。

自分のガラスの仕事と重ねて 
実は今回の企画展。
思うところがたくさんあります。(自分もガラスに色味を入れないで仕事しているので)

元美さんの白と黒へのこだわりは お聞きするととてもシンプルなもの。
これから少しずつそんなこんなも含めてレポートあげて行きますね。

でも ぜひ実物を見に来てほしいです。
60点にも及ぶ原画は見ごたえたっぷり。
販売可能な原画もございます。
1点ものなのでお早めに。



そして!
きちんとした告知しておりませんでした。

『オリジナルイラストで
あなただけのひとこと箋を作ってもらおう!』企画
やっております。
↑ 訂正です!ひとこと箋ではなく ふみ箋でした!店主の間違い訂正しておきます。


会場でお一人お一人に説明しておりますが(あ!そうだ ポップ作らなきゃ!)

こちらでもご紹介!


 元美さんのアイテムの一つ ふみ


こちらのと同じ仕様で あなたの好きなものを
(好きな動物でもいいし 写真を見せていただいて元美さんにイラスト描いていただくのでもオッケー)
イラストにしてもらって オリジナルふみ箋をお作りします。

もちろん 原画もプレゼント♡
料金は原画とふみ箋一式で お一人¥3500です。 
(原画を描いていただくだけでもこのお値段なら破格です!)
一度作っていただいたふみ箋は 御希望なら今後も
ふみ箋のお値段¥(30枚入り)+送料で いつでも追加制作が可能です。

お店をやられている方などにお勧めの企画ですね♡


*今回は図柄は1柄とさせていただきます。
*注文の受け付けはこの「しろとくろ」展開催中限定ですが 
写真等のやり取りや仕上がり・お渡しは
会期後元美さんのご予定に合わせお時間をいただきます。

わたくしもteto²のふみ箋作っていただくつもりです。
何のイラストを描いてもらおうかな。。。♡

申し込みは店頭でお受けしております。










変わりやすいお天気の秋。
ひと雨ごとに涼しくなりますね。
きょうもお日様出てるのに雨も降ってたり・・・
虹がたくさん見られる季節でもありますね。


虹の下を通って 秋の始まりの由仁町 
みなさまお越しくださいませ~。























2019年9月10日火曜日

しろとくろの世界  福田元美原画展&しろとくろのうつわ展

例年になく蒸し暑い北海道。
暑さに弱い我が家の道産子たちはぐて~っとしております。笑
(私は元気ですよ。むしろ暑さが続いて嬉しいくらい♡)



さて今週末から始まります秋の企画展第1段
『しろとくろ』
これまで ゆる~い味のある素敵なイラストを
ポストカードや一筆箋などのアイテムで届けてくださってます
福田元美さん。
『しろとくろ』ではそのイラストの原画を展示して下さいます。

そして これまでのタッチとは違った作品も見せてくださるそう~♡
楽しみですね。

DMにもありますように
期間中 会場にお越しくださった方でお申し込みくださった方には
お好きなイラストを元美さんが書いてくださり 
一筆箋を作ってくださる企画もございます。
こちらの詳細は今週中にお知らせしますね~。


実は 3年前の秋の企画展『秋色奏でて~♫』で
元美さんにDM用と企画展用にイラストを
描いていただいたことがあるのですが
そのDMのイラストも 
いっしょに企画展に参加した帽子作家さんのナミヘさんから
企画展前に 
ナミヘ帽をかぶった友人の写真を何枚か見せていただき
その中から元美さんに選んでいただいたモデルさんの写真を
イラストにしていただいた作品なのです。

モデルさんになった男性は後日とっても喜んでくださいました。



なので 依頼したい方は 描いてほしい写真を見せてでもいいし
描くものを指定してでもいいですよ。

teto²が中継ぎして 打ち合わせいたしますので
あなただけのオリジナル一筆箋作ってみてください♪



そして同時開催の「しろとくろのうつわ展」
本日は参加作家さんのご紹介です。(写真がまだ撮れてないのですが…)

○柴田睦子さん(札幌市)
●野村亜土さん(足寄町)

そして急きょ参加が決まりました
○築地祥郞さん(札幌市)  です。

同じデザインで 白と黒の器を作られている柴田さんや築地さん。
野村亜土さんは耐熱の作品が黒(飴色もございますが) 半磁器の器が白。
どの作家さんも白と黒の世界を行ったりきたりする感覚で
御自分の世界観を表現してらっしゃるのが面白いな。。。と思うのです。

特に
同じデザインの作品で白と黒の作品をそれぞれ手に取った時
なにを盛ろうかと思いめぐらすと
やはり違う料理が思い浮かぶから不思議なものです。

色というものが私たちに与える印象も感じられたりして・・・
それは白と黒という対比する色だからこそ生まれる印象だったりもするのでしょうね。


そして何より 白と黒の器は 料理が映えます♡

秋の味覚がどっさり味わえるこれからの季節。
食卓の新人にしろとくろの器 選びにいらっしゃいませんか~?


写真御用意でき次第 こちらの記事にアップしていきますね。