2017年9月18日月曜日

雨にたたられた週末 ワークショップご報告                   ①(先に山キノコロリさんから)

*2018年は山キノコロリさん ご出産なさり 
作品のお取り扱いはお休みさせていただきます。
お取り扱いの再開をお楽しみに♡



以下は2017年の過去の記事です。






これを書いているのは台風18号が函館を通り過ぎたあたりの時間。

さっきまでこの辺は風もなく弱い雨が降っている程度だったのに
だんだんと風が強くなってきました。


本日開催の山キノコロリさんのボールペン作り
一応開催することにしましたが
参加希望の方がお二人 台風の影響で欠席に。

少ない人数ですが
先生の山田みかこさんには開催していただくことに。

先生も参加する方も 皆様気をつけて来てくださいね~。


さて準備準備

後で続きを書くことにします。




追記

 
雨も止み 雨と強い風で乱暴に洗われた木々たちが
夕日の金色にシルエットを浮かびあがらせて
それはそれは美くし~♡
夕暮れ時




参加してくださった方々 皆様 お疲れ様でした~♫


結局
途中で乱入した 我が息子(5歳)と同じ年のお友達の男の子の二人
そして先生の山キノコロリのやまだみかこさんの娘さん
参加応募してくださった母娘さん(お二人で1本)と
大人のお客様
そしてわたくしの 計6名が
2時間ほどで自分のボールペンにそれぞれのキノコさんを描きあげました~♫

いや~楽しかった!!!

子供達の年齢は5歳から8歳ほどで みな似たような年だったせいもあり
書き始めの勢いと ためらいのなさは 子どもならでは。

みかこさんがアクリル絵の具の特徴を説明すると
どんどん好きな色を選んで塗っていきます。

乾けばまた次の色~♫
と 迷いもなければてらいもなく
さすが子供達~!

横で大人がああでもない こうでもない とブツブツ悩んでいる間に
「できた~!!!」と完成させて

さっさと家の居間の方へ遊びに行っちゃいました~笑


その後も半時間ほどかけて大人二人はペタペタ
でも悩みながらも口から出るのは「あ~楽しい!」


そして完成したのがこちら♡


カラフルな発色のいいアクリル絵の具で
皆さん好きに楽しくキノコが描けました~♫
 
 
 
 



6歳の女の子は 
初めだけ おかーさんにアドバイスしてもらっていましたが
途中からは「いいの! 黙ってて!」という感じで
集中して 自分の世界に没頭
しっかり自分の感性で描き上げましたし





   大人の参加者のかたも なんだかんだと言いながら   
   とってもキュートで個性的なキノコさん
   出来上がりました~♡







小さな先生 (キノコさんのお嬢さん)は慣れたもの
好きな色であっという間に描きあげると
小さなうさぎさんまで登場
ラブリ~♡




               チビ男子二人は
               みんなと一緒に出来たことで満足♡

               でもなかなかの力作です(笑)







私は 天の邪鬼なので ビビットなキノコは避けて
しかもどうしても猫にしたくって
一人邪道な猫キノコ 笑  (でも気に入ってます♡)









久しぶりに2時間ほど 集中して絵を描いてみて
「絵筆を持って絵を描く」と言うのは
なんというか爽快感ともいえる心地よさがありました。

楽しかったし うまく描けないもどかしさと葛藤しながらも
形になって行く充実感も味わえました♡
一応完成させる時間を決めていたのも良かったかも。



そして
やってみて一番印象的に思ったことが・・・



「子どもと一緒に絵を描く」という事が
大人である自分にはとても大事な時間だと感じられたこと

彼らの瑞々しい感性や てらいのなさや 純粋さが
一緒にやってみると 
もう自分にはなかったり うらやましく感じたりで・・・・・

この年齢の子供たちの持っている感性を大事にしなきゃな~と思いつつ
とても彼らを尊敬できる時間を共有できたと思いました。


最初
皆さんのお邪魔になるし
きっと2時間なんて集中できないし
周りの展示作品を汚しちゃいそうな気がして
6歳以上と年齢制限を設けたので
息子とその友達は となりの居間で遊ばせておくつもりでいたのですが

そもそも先生のみかこさんは
「何歳でも大丈夫ですよ~ お母さんと一緒なら」と言ってくださっていたのです。

そして 当日
みんなと一緒にやりたいと言い出した息子に
「だめ~!」と一度やらせない態度をとってしまった私

それでも食い下がった息子は友達まで巻き込んで
「ちゃんと最後までやるから~」と約束して
やり始めたら・・・

心配せずとも
集中したらしっかり 最後まで座って描きあげていて

母は深く反省したのです。笑


みかこさんはワークショップに慣れているだけでなく
子供を信用しているな・・・と。

アドバイスや 導き方にも深く感心。



一緒に参加してくださった大人の方々とも
その後いろいろおしゃべりし

自分の子育ても含め
教育ってなんだろう~って 考えさせられる
貴重な時間になりました。





絵を描く

「芸術的な作業」と書くと 大袈裟で特別なものに思えますが
子供らにとっては
生きていることそのものの延長でしかなく
息をするように自然に取り組めて
作品が出来上がる

大人は 
「うまく書かなきゃ」「完成させなきゃ」「まとめなきゃ」
いろいろ余計なことばかり考えてしまって
手が止まる
感じるままに体が動くってことが
難しくなっちゃっているのですね~。。。




モクモクと力強く動いて行く
台風一過の雲を眺めつつ
興奮がさめやらぬ わたくしです。
 
なんだか 今後のいろいろな可能性を感じる
ワークショップになりました。
 
またぜひ 山キノコロリさんには先生をしていただいて
絵を描くワークショップ開催したいと思います♫






こぎん刺しの方のワークショップ こちらも本当に楽しかった♡

こちらのご報告は

明日から始まる秋の企画展『秋の匂い 秋の光』で
同時開催します「こぎん刺しの仕事展」ご紹介も兼ねて
後日きちんと記事にしたいと思います。

お楽しみに~♪