2018年5月29日火曜日

6月 OPEN DAY


ギャラリー営業日は通常は土・日と祝日の月曜ですが
平日にお越しになりたい方のために 予約オープンもいたします。
詳しくは→こちらをクリック

○∴*✧∵✧*∴◇∴*✧∵*∴○*○∴*✧∵✧*∴◇∴*✧∵*∴○*○∴*✧∵✧*∴◇∴*✧∵*∴○ 



初夏のような陽気です。

気づくと あと3日で 6月! (ヒィ~~~と小さく叫び声)



暖かい季節は短いもの。
いろいろやっておきたい事
やらねばならぬ事
頭の中にあれやこれや浮かび 気持ちは逸りますが
今一度落ち着いて
ふーっと深呼吸。

こちらのブログでの作家さん紹介も更新しなきゃ。。。


まずは6月のオープン日をお知らせを


6月  涼暮月

 2日(土)   3日(日)
 9日(土)  10日(日)
16日(土)  17日(日)
23日(土)  24日(日)
30日(土)

*30日から7月中はミニ企画展ございます*

午後1時~5時まで




ギャラリーにいらした方から
お茶は飲めないのですか? と最近よく尋ねられます。

企画展がない6月は 
お時間ある方が少しのんびりできるように
ちょっとくつろぎコーナーを作ろうかしら…



今年からお取り扱い始まった
おいしいハーブティーも
ご紹介がてら
お客様にちょっとお飲みいただいてもいいですね~♪

 妄想妄想 ふふふ














2018年5月28日月曜日

小島加奈子さん 原画展 を振り返り




昨日で9日間にわたり開催しました
絵本『キュンすけのおくりもの』 小島加奈子原画展
終了いたしました。


起こしくださったたくさんの皆様
企画に際しご協力くださいました皆様
本当にありがとうございました。

小島さん手作りの枝のイーゼルや
小島さんへのお祝いの鉢植えや花束が
会場をゲンさんの庭のように感じさせてくださり
温かく繊細なキュンすけの世界が
いつもの企画用の和室8畳間に広がり

9日間 魔法がかかったような 企画展となりました。


いらした方々には 
会場の雰囲気が 物語の世界までいざない
小島さんの描く原画の美しく繊細な色彩を堪能しながら
お話の世界を散策し~
という楽しみ方をしていただけたようで
本当に嬉しかったです。





普段 
日々の暮らしに使える“道具”としての
クラフトものを中心に取り扱っているteto²ではありますが
そもそものコンセプトは
「暮らしを豊かにするものをご紹介する」というもの。

ですから
道具としてのクラフトだけでなく
“アート”も暮らしのなかで気持ちを豊かにするものとして
もっと身近に感じ 暮らしの中にあったら素敵だな~と思うので
ここ teto²でも “ご紹介すべきもの” と
店主 常日頃感じておりました。


ただ
作品を販売するのが当たり前のクラフトと違い
絵画などは作品一つ一つが高価なため
販売という形を取るのは
teto²では現実的でないという悩みもありました。

ご紹介したいけれど
売れないということは
作家さんにとっては困ることなので
展示ができないというジレンマがあったのです (>_<)



なのでお求めやすいポストカードを販売したりして
その作家さんのフアンになってくださった方が 
作家さんが個展などを開催する時に
会場に行かれて直接作品を手に入れていただくのが
一番いい形だと感じておりました。



ですが
小島加奈子さんの作品に関しては
ポストカードは以前からteto²でもお取り扱いさせていただいておりましたが
原画に関しては
なかなかここ北海道の方に観ていただける機会がなかったのです。

そんな折り 
『キュンすけのおくりもの』という絵本が出版され
その絵を描かれ 絵に関しては小島さんご自身の管理のもとにあると
小島さんから聞きました。
それならばこれまでポストカードを通してフアンになってくださった方にも
直接本物の絵を見ていただけるということで
この原画展が実現したというわけです。



今企画では
原画を販売するわけではありませんでしたし
絵本も販売されてまだ日も浅く 知られてはいない作品です。

この原画展を開催する目的は
とにかく
小島さんの原画の素晴らしさを多くの人に知っていただきたいという事でした。



9日間開催して・・・


欲を言えば
もっともっとたくさんの方に原画を見に来て欲しかったのですが・・・

それでも
思っていたより かなりたくさんの方には来ていただけ
絵本は ほんとうにたくさんお嫁に行きました。

自分用とプレゼントにとお買い求めくださった方もいらして
その嫁入り先でお子さんやお孫さんに読んで差し上げるでしょう。

するときっと読んでもらった方やプレゼントされた方の中で
キュンすけが息吹を吹き込まれ
それぞれの中で羽ばたいていくんだろうな…と感じました。

原画展にいらした方から
「水彩画の美しい世界を堪能でき 絵本を読むときに
あの原画の美しさを思い出しながら読めます」
との嬉しい言葉もいただきました。




“ただ絵を飾って観ていただく”

それだけにとどまらない
水に小石が落ちて波紋が広がるような
素敵な気づきや手ごたえを感じる企画展となりました。




絵本『キュンすけのおくりもの』は
引き続きお取り扱いいたします。

お時間ある方はゆっくり読んで行かれてください。

















2018年5月22日火曜日

teto²作家 新しいお仲間 ご紹介 ② 「林さとみ」陶器


ギャラリー営業日は通常は土・日と祝日の月曜ですが平日にお越しになりたい方のために 予約オープンいたします。
詳しくは→こちらをクリック

○∴*✧∵✧*∴◇∴*✧∵*∴○*○∴*✧∵✧*∴◇∴*✧∵*∴○*○∴*✧∵✧*∴◇∴*✧∵*∴○ 
*今週は25日金曜日もオープンします








投稿です・・・
新人さんのご紹介です。




新人さんとは言え
実は昨年のやきもの市でお会いし 
小さな花器や蓋物 ヘアーゴムなどをほんの数点お預かりし
ギャラリーの片隅にひっそりと展示はしておりました
林さとみ さんの作品。

だいぶ以前にやきもの市で作品をお見かけし
作品の素晴らしさに感動!
急須をお嫁にいただき
大好きなアイテムとして 家の者にはあまり触らせず(笑)
いまでも家宝として大切に使っております。





作品のフォルムや細かなしのぎなどの意匠は
それはもう繊細で美しい。
小さな小さな花器でさえ ひとつぽつんと置くだけで存在感があり
周りの空気感をも変える力があります。

本州から北海道へ戻られ今は札幌の南で作陶を再開。
待っておりました!とばかりにお声をおかけして
ようやく今年から本格的にお付き合い始めていただきました。



林さん まだお若いのですが
益子や笠間の陶芸家の元でしっかりと修業を積まれた方。




静謐な空気感をたたえた 余分なものを感じない
考え込まれたフォルムやデザイン。
でも決して冷たくはなく しずかなぬくもりを感じます。
それは色合いや柔らかく流れるラインがそう感じさせるのか
手にとった時のふわりとした緊張感がそう感じさせるのか

ヨーロッパのアンテイ―クから感じる
時間を経てきた おちつきのある表情をした陶器達です。





4月からお付き合い始まり
人気の作家さんとなっております。
すでに在庫がなく注文をいただいている作品もございます。

気になる方はぜひお早めにお越しください。

お時間いただければ 数揃えたい方には
注文にも答えてくださいますので
お声をおかけください。






こちらの小さな蓋もの 
普段使いのアクセサリーを入れておくのに
イイですね~♪




キュンすけのおくりもの


ギャラリー営業日は通常は土・日と祝日の月曜ですが
平日にお越しになりたい方のために 予約オープンいたします。
詳しくは→こちらをクリック

○∴*✧∵✧*∴◇∴*✧∵*∴○*○∴*✧∵✧*∴◇∴*✧∵*∴○*○∴*✧∵✧*∴◇∴*✧∵*∴○ 

*今週は25日金曜日もオープンします




只今開催中の
小島加奈子さんの童話『キュンすけのおくりもの』原画展。

小島さんは由仁町で水彩画教室を開催されていて
生徒さんは遠く苫小牧などからも通われています。

生徒のみなさんも教室の絵画展で作品を拝見すると
始めて絵を書いたとは思えない素晴らしい作品を描かれます。

先生がいいからなんでしょうね~♪
わたしも習いたくなっておりますよ。
(*会場には水彩画教室や子供造形教室のお知らせも置いてございます)

生徒のみなさん 小島さんの作品展に
たくさんのお花をもってお祝いに駆けつけてくださり
会場は色とりどりの花々が~❀

小島さん手作りの枝のイーゼルといい
会場を彩るたくさんのお花といい
自然がいっぱい描かれた原画の空気感を
そのまま広げたように彩ってくださり~♡
本当に落ち着くのです。
この雰囲気味わっていただきたい♪






さてその『キュンすけのおくりもの』
お話は 児童文学作家の小原麻由美さんが書かれたお話です。


元庭師のゲンさんが自分の庭作りを通して
スズメのキュンすけと出会い 温かな交流が生まれるお話。
ゲンさんが 自然や子供達と触れ合う中で 
自然との共存の仕方 距離感などを模索し
自然を愛するということがどういうことなのかを考えていくというお話です。




お話を読み 小島さんの原画を眺めていると
ゲンさんの庭に入り込んだような気持ちになります。

すると・・・
忙しくって全然手をかけてあげていない
自分の庭や家周りの木々たちがかわいそうで
申し訳なくなってきて。。。


今週は重い腰を上げて
こちらのブログ更新と並行して
庭仕事も始めちゃいました~(^^ゞ


お庭作りに励まれている方へのプレゼントにもいいかもしれませんね~。
『キュンすけのおくりもの』に小さな宿根の鉢植えを添えて♫
お庭を大事にしている方
自然が好きな方なら
キュンすけのお話 
きっと相通ずるものがあるのでは?


会場では絵本の販売もしております。
ゆっくりお読みいただけるよう椅子もご用意しておりますよ~。








残り3日間となっております。
ぜひお越しくださいね。(25金~27日です!)














2018年5月21日月曜日

今年はたくさん新入荷~♪  清水しおり 

*2019.5現在 清水しおりさんの作品は
7月中旬より 工房ワタリガラスとの2人展をteto²で開催させていただくので
買い取り作品3枚のみとなっております。
7月をお楽しみに♡



***********************************




ギャラリー営業日は通常は土・日と祝日の月曜ですが
平日にお越しになりたい方のために 予約オープンいたします。
詳しくは→こちらをクリック

○∴*✧∵✧*∴◇∴*✧∵*∴○*○∴*✧∵✧*∴◇∴*✧∵*∴○*○∴*✧∵✧*∴◇∴*✧∵*∴○ 

*今週は25日金曜日もオープンします





新入荷情報続きます。


実は昨年 当別の陶芸家の清水しおりさんと相談し
2018年にはteto² で
しおりさんとわたくし工房ワタリガラス(くまがい)の
2人展を開催する予定でおりました。

ところが わたくしが春先にガラスの制作ができないほど体を壊してしまい
今年は工房ワタリガラスの新作はぼぼ作れず。。。(>_<)

しおりさんに企画が流れるお詫びの連絡をすると
そこは制作しながら子育てしてらっしゃる先輩作家さん。
子供からもらう病気の大変さも理解してくださり
じゃあ来年にしましょう~♪とおおらかに言ってくださり
ありがたいやらホッとするやら。

でも作家にとり1年のスケジュールは前の年にほぼ決めるので
穴をあけてしまうということは
他の仕事を後から入れるということもなかなか難しいことも多く
本当にご迷惑おかけしました。

しかも 昨年 常連のお客様で しおりさんのファンの方には
来年は2人展やるのでお楽しみに~♪とお伝えしたりしていたので
楽しみにしてくださった方にも本当にごめんなさい。

体調万全にして 体力つけて
来年はぜひ!



というわけで・・・(^^ゞ

今年4月 しおりさんの工房へ今年の納品に伺った際
2人展が出来なくなった代わりと言うことで
いつもよりいろいろな作品をお預かりしてまいりました。




ポットは念願かなって入荷です。
(蓋の上に注目!♡目が合いましたか?)
こんなポットでおいしいお茶を入れたら~
ほっこりすること間違いない!
マンボーのマグも在庫でございますよ。





こちらはここ数年のしおりさんの定番
黒絵シリーズの人気のケーキ皿。
普段ケーキはあまり食べない私でさえ
このお皿に
ケーキ載せて食べた~~~い♡













こちらは鉢カバーにでも
小さめのワインクーラー代わりにも・・・♫

日本酒の小瓶を入れてみましたよ。









大きさはマグと並べるとわかりますでしょうか?
それほど大きくないので
食卓の中央でお花を生けてもいいですね❀








こちらは THE清水しおり!ともいえるおおらかな絵柄が描かれた
少し深めの皿。
(大:8寸強 中:7寸弱 小5寸強)
 
ニワトリさんもワニさんも 先ほどのポットのふたのお方も
どこを見てるか分からぬ
すっとぼけた表情が味わい深いです。笑
 
 
形も絵柄も 細かな部分の始末の仕方も
全てに“しおりマインド”が宿っている
しおりさんの器達
 
使うだけで自分もおおらかな気分になったり
元気をもらえる気がします♪
 
 
 
 
 
 
そうそうこんな子たちもおりますよ~♡
 
 
しおりさんの作品はお嫁入り頻度が高いので
気になる方は是非お早めに。
 












今年も素敵なこぎん刺し  petit coudre


ギャラリー営業日は通常は土・日と祝日の月曜ですが
平日にお越しになりたい方のために 予約オープンいたします。
詳しくは→こちらをクリック

○∴*✧∵✧*∴◇∴*✧∵*∴○*○∴*✧∵✧*∴◇∴*✧∵*∴○*○∴*✧∵✧*∴◇∴*✧∵*∴○ 

*今週は25日金曜日もオープンします




田植えが始まり 初夏の訪れが楽しみなこの季節。
2018年もオープンして5回目の週末を終えました。

前置きはこの辺で・・・

さっそく2018年の常設作家さんの新しい作品
ご紹介してまいります。




これまで何度もワークショップも開催してくださっている
稚内のこぎん刺し作家「petit coudre」さん。
今年も素敵な作品届けてくださっております。

 
定番のポットマットは
今年はパッチワークのようなモドコの組み合わせが素敵です♪
(手前の2枚が新入荷です)
モドコ一つでも贅沢な気がするのに
いくつもモドコが楽しめて嬉しいポットマット♡
ワークショップに参加した身としては
このお仕事の大変さも身にしみてわかるように。





















ガマ口はこれまでのものより一回り大きめのサイズ。
小物がいろいろ入りそう♫

お色はモノクロで
シックな雰囲気。
お着物にも合わせられますね。






内側の裏地の黄色がまたお洒落です。
相変わらず丁寧なお仕事です。










春色の明るめのコ-スターや
ピンクッションも新色が入荷しておりますよ。









ぜひお手に取りにいらしてくださいませ。
(ピンクッションはお裁縫なさる方への
プレゼントにお求めになる方が多いです♪)



















一番最初にご紹介したポットマット
どう使うのですか?と聞かれることが多い作品ですが
ポットを乗せて使うだけでなく
鍋つかみとしても使えるのですよ。
中芯にキルト芯を挟んでいるため
熱々の鍋をつかんでも
しっかり熱から守ってくれます。

ご本人からお使いになられている写真をお借りしましたよ~♪

それにしてもきれいで素敵な台所♡
お仕事きれいな方は暮らし方も美しい~。















遅くなりましたが・・・・・                                常設作家さん達の新しい作品ご紹介 始めます♪



ギャラリー営業日は通常は土・日と祝日の月曜ですが
平日にお越しになりたい方のために 予約オープンいたします。
詳しくは→こちらをクリック

○∴*✧∵✧*∴◇∴*✧∵*∴○*○∴*✧∵✧*∴◇∴*✧∵*∴○*○∴*✧∵✧*∴◇∴*✧∵*∴○ 

*今週は25日金曜日もオープンします




昨日は久しぶりのお天気。
ドライブ陽気に誘われて 
たくさんの方が小島加奈子さんの原画展を見にいらしてくださいました。

お越しくださった皆様 ありがとうございました。

前回ブログをチェックして
新しいお仲間『デストロイ屋』さんの作品を見にいらしてくださった方もいて
店主とても嬉しかったです。

そして
もっとまめにご紹介記事更新しなければ~!と改めて反省 (^^ゞ




企画の作品だけでなく
teto²は道内作家さんを中心に 
20数名のクラフト・アート・手仕事雑貨の作品が盛りだくさん♡
はじめていらしてくださった方は びっくりするボリュームなのです。

というわけで
遅くなりましたが 今週から 他の雑務はまず置いといて・・・
常設作家さんが入荷してくださいました作品
ご紹介してまいります。




それぞれの作家さんごとにカテゴリーがあり
クリックするとその作家さんの作品をご紹介しているこれまでの記事が
すべて読めるようには なってはいるのですが・・・
こまめに更新ができていない作家さんも多く。。。
(いまいちうまく整理ができず…(T_T)かえってわかりにくくてすみません。)
今年はなるべくこまめに!と心がけるつもりでおります。

ただお一人ずつ丁寧に。。。と作業しますと
一度にすべての入荷状況はお知らせできず
そんなうちに新入荷の作品がお嫁入り~。。。ということも多々あり
せっかくこちらのブログを見て 在庫状況を予習して~と言うお客様には
大変ご迷惑をかけしております。

クリックして昨年の記事以降更新のない作家さんの新情報は
なるべく急いでアップしますので 少々お待ちください!<(_ _)>
もしお好きな作家さんの在庫状況が気になる方は
直接お電話ください。

teto² ☎0123-86-2969







本日 こちらの記事は 
こんな作品入ってきてます~♪と
fbの方でシェアしやすいように予告編!

写真と作家さん名のみご紹介




清水しおり



 
 
                                                  Lambent
 
 
 
伊丹裕子 
 
 
unemi *ブラウスは色違いが入荷中
 
 antitese
 
 
 
 
                                                        牧野潤
            
                     上杉愛












                      petit coudre
 
 
 
 
         トントン工房ユリ介
 林さとみ 
 
 
 
ご紹介記事 更新更新~♪
がんばります。
 
 
お楽しみに♡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年5月17日木曜日

teto²作家 新しいお仲間 ご紹介 ① 「デストロイ屋」

*2019.5~ デストロイ屋さんの作品のお取り扱いは終了しております。
ご了承ください


********************************




今年2018年もすでにオープンして
5回目の週末を迎えようとしております。



いつも申しておりますが・・・・・

オープンに合わせ 「今年も楽しみにしてました~」といらしてくださる
常連のお客様

こんな辺鄙な場所にあるのに
遠方からわざわざお越しくださるお客様

週末営業だったり 不定期な営業時間だったりしても 時間をチェックして
いつもと違うオープン時間でも覗きに来てくださるお客様

1年に1度でも2年に1度でも 覚えていてくださって
「久しぶりです~」といらしてくださるお客様

「始めて来ました~」といらして
目を輝かせて じっくりと作品をご覧くださるお客様


どちらのお客様も
皆様本当に本当にありがとうございます。


このteto²は
店主のわたくしが
どうしても皆様に知って欲しい作家(道内作家さんを中心に)さんや
使ったり味わっていただきたい手仕事の雑貨などをご紹介している店でございます。

なので

ご紹介している作家さんのファンになってくださったり
使ってみて気に入ったら追加でお買求めに来てくださったり
お友達を連れて再訪してくださったり
次はどんな作家さんが展示されているだろうと来てくださったり・・・

こんな反応があるたびに 
teto²をやっていてよかった~♪ と幸せを噛みしめております。


***✧*○✡○*✧***✧*○✡○*✧***✧*○✡○*✧***✧*○✡○*✧***


さてここから本題ですが・・・

2018年も新しくteto²作家さんの仲間入りしてくださった作家さんが数名おります。
本日はまずその中のお一人をご紹介です。



常連のお客様も
始めていらっしゃるお客様も
皆様この作家さんのコーナーをご覧になり
「なんかここだけキラキラしてますね~?」と笑いながらおっしゃる
teto²異色の作家さんと言ってもいいでしょうか~笑



札幌在住の『デストロイ屋』さんです♪



2年ほど前から 札幌のグループ展などの情報でお見かけし
気になっていた作家さん。
昨年 お付き合いしている作家さんがご縁をつないでくださり
ご本人がteto²にもいらしてくださいました。

そのご縁で昨年末札幌で開催された個展に伺い
しっかりとした縫製の小さめのトートバックを買わせていただきました。


一眼レフカメラとレンズをひとつ入れておく
丈夫で大きすぎない鞄が欲しかったので買ったのですが
これが使ってみると!
軽くて丈夫で 底のマチが広く 型崩れしない
とってもいいものであるなぁ。。。と感じました。






そして言わずもがな!
デザインに注目です。

デストロイ屋 という屋号からも作品からも
プロレスのマスクがデザインになっていることはおわかりになるかと・・・
なかなかのインパクトでしょう?
 




じつは!
作家の熊谷大介さんの本業は
プロレスラーのマスクを制作するマスク職人さん!!!






昨年の個展会場では 実物のマスクも展示されていましたし
会場には筋肉隆々のプロレスラーの方もいらしていて
その会場は普段クラフト作品などが展示されている会場だったので
デストロイ屋さんの個展の時だけ異空間に(笑)

そんな違和感をもろともしない
「本物感」が デストロイ屋さんの作られる
バッチやバックなどの手仕事作品にはあるのです。




ちょっと見 プロレスのマスクがデザインの中心にあるので
プロレス好きでもないかぎり 
女性は特に敬遠しがちな雰囲気が漂ってはおりますが
意外にも若い女性
(おそらく 屋号のもとになっている デストロイヤ―〈元米国プロレスラー〉も知らない世代)
には評判がいい作品なのです。

本物のマスクに使用される キラキラとしたラメ仕上げなどが美しく見えるのか?
色合いが派手なところが評判がいいのか?

お取り扱いを決めたわたくし店主にも わからないところでありますが(笑)
「シンプルなバックなどにアクセントとして付けます~」と
嬉しそうにバッチ等を選んでくださる方もいらっしゃるのです。




そして!
店主がお勧めする一番の理由は
トートバックや 小銭入れ ポーチやパスケースなどは
その縫製技術がしっかりとして丈夫なことです!
自信を持って「末長く使えるものです」とお勧めします。















考えてみれば
プロレスのマスクは 
試合のあの激しい動きに耐えうるものでなければなりません。
そして 人の顔に被って付けるもの。
付け心地も大事でしょうし(息がしやすいとか 視界がいいとか 脱げにくいとか)
丈夫でそれ以外の要点を網羅しているということは
立体裁断できちんとした縫製技術がなければできないものなのです。





     (←本業のマスクを制作する上で欠かせない
                          業務用ミシン↓)

カッコいい!!!








その本業のマスク職人を10数年やられていて
数年前より小物を作ってみようかと始められたそうで
作品を販売し始めたのもここ数年なんだそうです。
つまりは一流の縫製技術を持ってして作られた
小物達と言うわけです。









余談ですが・・・

teto²にお越しくださる方でカップルのお客様の中には
女性がじっくりと器や雑貨をご覧になっている間
男性のお客様は少し手持ちぶたさで「どこにいたらいいのかな…」
という感じのお客様もたまにいらっしゃいます。(ほほえまし (^.^))

そんな男性のお客様がふらりとレジ前までいらして
デストロイ屋さんのコーナーをご覧になられた途端
「ふふふ」とこれまで見せなかった笑顔で作品を眺めていらっしゃるお姿を
何度拝見したことか!笑

店主がいろいろご紹介すると
居場所が見つかったかのようにくつろいでお話しくださったりして
嬉しいやら楽しいやら♡




この異色でインパクト大の作品が気になる方は
店内のどこにデイスプレイしても違和感があり
結局 居場所がレジ横になった『デストロイ屋』さん(笑)
ぜひご覧になりにいらしてください。
(店主がお勧めするもう一つの理由(意外~!と言われております)もお教えします 笑)










                           マスク制作の設計図
                  緻密で繊細な指示が書いてありました




 







キュンすけのおくりもの

*2019年は 小島加奈子さんは常設作家さんとしてのポストカードのお取り扱いはございません。
この記事にあります原画展の際に描きおろしてくださったミニポスターのみの販売となります。 
絵本『キュンすけのおくりもの』は2019年も店内にて販売しております。


**************************************







11日(金)から始まりました
童話『キュンすけのおくりもの』原画展。

由仁町在住の 画家 小島加奈子さんの原画を見ることができる
貴重な展示となっております。
(普段はご出身の愛知の方で絵を発表なさっているので
これまでなかなか北海度では原画を見る機会がなかった作家さんなのです。)






いらしてくださった皆様は
絵本を読みつつ・・・ 
絵本になっている絵と原画を見比べつつ・・・
小島加奈子さんとお話ししつつ・・・
それぞれに楽しんで行ってくださっております。


何より嬉しかったのは
この展示会に合わせ 小島さんご自身が細やかな準備をしてくださり
『キュンすけのおくりもの』の世界観が
展示会場の8畳間に柔らかく広がっていること。
お越しくださった方がその部屋の中でゆったりと原画を見つつ
その雰囲気も味わって行ってくださっていることです。



絵本好きの方がいらしたり 
娘さんが保育士を目指している方がその娘さんといらして
娘さんに本をプレゼントしていたり
お孫さんにプレゼントで~とお買い求めくださったり・・・・・

皆さん小島さんにサインを入れていただいて
とても嬉しそう♡



原画を飾っているイーゼルは
小島さんご自身がこの展示に合わせ
庭の枝で作ってくださいました。

まるでキュンすけがとまっていそうな枝♪です。













また 
小島さんがこの展示の後 企画している楽しいイベントのおすそわけ♫

小島さんご本人による読み語り音声入りの映像なども流しております。


もちろん
小島さんのこれまでの作品(こちらはも印刷されたもの)のポストカードや
資料も拝見できますよ。


そしてこの企画に合わせ描きおろしてくださいました
ミニポスターも額入りで販売しております。
これがまた素敵な絵なのです。
道内に暮らしているからこそみられる自然の一場面。
我が家も今年の春 渡り鳥のマガンがたくさん集まる宮島沼(美唄市)に
早朝 マガンの飛び立ちを見に行ったばかりだったので
見ていると絵の世界にそのまま入り込んだように思い出に浸れます。








『キュンすけのおくりもの』の世界観は 
お話を書かれた小原麻由美さんの作られたものであり
小島さんはそのお話を受け取り 
なるべくお話のイメージを壊さぬよう 
ご苦労なさって描きあげたそうです。






なので これまでの小島さんの描かれた作品とはまた一味もふた味も違った 
物語の世界観をさらに味わい深く感じられる表現で
小島さんの以前の作品をご覧になっている方は驚かれるかもしれません。




わたくし 
この企画を通して
これまでの作品を含め小島加奈子さんの様々な作品を拝見し
白い紙に 絵筆一つで 
これほどまでに広がりをもった見るものを惹きつける世界を表現できる
小島さんの才能に 
感心のため息とともに 羨望の思いを強くしております。
(作家の端くれとして こんな才能があればな~という憧れです)

でもその才能をうらやましいと思いながらも
制作する際の苦悩やご苦労を想像すると
それは才能というだけでなく
長い月日 制作を積み重ね 自分の作品の形を追求し続ける 
たゆまない努力があってこその作品なのだろうと
画家であるということの壮絶さも感じてしまうのであります。


いろいろなことを感じさせてくださる小島加奈子さんの原画展。

これはキュンすけからの見に来てくださった方へのおくりものだな。。。と
そんな事を思っております。


さて今週も明日金曜からの3日間開催です。
明日金曜は小島さんいらっしゃらない日でありましたが
午後少しだけお顔を出してくださるそうです。
(いらっしゃればサイン入り絵本ゲットできますよ~♡)



 
日に日に緑が濃くなる山々を見ながら
どうぞ由仁町teto²まで遊びにいらしてくださいませ。






次回投稿は
今年の常設作家さん達の新作などのご紹介へと続きます♪









2018年5月10日木曜日

『キュンすけのおくりもの』原画展 いよいよ明日から始まります♪



ストーブの消せない寒の戻りが続いておりましたが
明日からは「一気に春から初夏の陽気へ」との予報。

体の力が抜けるような暖かさがやって来るといいですね♪



こぶしや桜は終わり これからは木々の先に芽吹いた新芽が
一気に若葉へ成長して行く季節。

teto²でも 明日から始まる小島加奈子さんの
童話『キュンすけのおくりもの』の原画が
繊細でありながら初々しく眩しい色彩とともに
飾られた額縁の中でキラキラしております。



明日からの原画展を前に
原作者の小原麻由美さんからメッセージもいただきました。

会場でもご紹介させていただいておりますが
こちらでもお言葉をご紹介させていただきますね。



****✧✡✧*○✧☆✧○*✧✡✧*****✧✡✧*○✧☆✧○*✧✡✧*****✧✡✧*○✧☆✧○*✧✡✧*


絵本『キュンすけのおくりもの』に託した想いは、とてもシンプルなことです。
自分以外の何かの存在を想うということです。
人と人はもちろんのこと、 人と動物、 人と自然・・・・・相手が何であっても、
相手の心を察して動いていくことが、喜びや幸せにつながっていくと、作中の
キュンすけとゲンさんは教えてくれます。
このたび小島加奈子さんに、素晴らしい絵を描いていただき絵本となりました。
文字だけのキュンすけが美しい色や可愛らしい姿形となり 新たに命が
吹きこまれた思いです。本当にありがとうございます。
『キュンすけのおくりもの』がご来場の皆様に愛されることを、
心から願っております。
             
                         児童文学作家  小原麻由美


****✧✡✧*○✧☆✧○*✧✡✧*****✧✡✧*○✧☆✧○*✧✡✧*****✧✡✧*○✧☆✧○*✧✡✧*




明日は小島加奈子さんも在廊してくださいます。

小島さんご本人から 
小原さんとどのようなやり取りで
この『キュンすけのおくりもの』のお話を受け取り
その世界を表現したのか・・・
どんなご苦労があったのか?等々

いろいろお話を聞かせていただけるチャンスです。

ぜひお声をかけて
原画の感想も伝えて差し上げてください。


前回記事でも書きましたが
小さめのスツールと椅子を2個ずつ会場の奥にご用意しております。
ギャラリー所蔵の『きゅんすけのおくりもの』も置いてありますので
お時間あります方はぜひゆっくりお座りになって
キュンすけの世界を堪能して行ってください。




 
 
 
原画展は会期中 開催時間 午後1時~5時です。
原画展は無料でご覧になれます。
 
たくさんの方々のお越しをお待ちしております。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 








2018年5月9日水曜日

 こむろしずかさん 『雫の森 ハル』 終了いたしました




連休初めは 一気に初夏の陽気で
「やっと春が来たね~♪」と喜んでいましたが
寒の戻り というのでしょうね。。。ここ何日か肌寒い日が続いております。
息子から引き継いだ咳風邪は咳だけが残り
大きく深呼吸したいけれど 病からの回復も最近はすっかりスローペースで
まだ本調子とはいきません。

深い呼吸が いかに健康な体に大事かを感じている今日この頃です。(^_^;)

皆さんは季節の変わり目 上手にのりきれましたでしょうか?


さてさて・・・

大型連休の終わりとともに
オープン企画でしたこむろしずかさんの個展が終了しました。
たくさんの方にお越しいただけましてありがとうございました。

しずかさんの作品を始めてご覧になり
すっかりファンになられたお客様もいらして
個展開催できましたこと本当に嬉しく思っております。

私もフアンになられた皆様とともに
これからのしずかさんの活躍を楽しみにしたいと思います。

会期中 
展示作品として壁に展示されていました 
陶板の絵本も楽しんでいただけましたでしょうか?
『雫の森』(しずくのもり)
しずかさんの心の中で紡がれた物語と
しずかさんの暮らす南幌の防風林や広がる田畑の景色が
陶板の上でマーブル模様のように混ざり合い
添えられた言葉とともに一つの物語を形作っていて
しずかさんの「陶器の絵本」という形の作品 
これからも見てみたいと思った私です。

お客様の中には非売品でなければ
陶板をお買い上げになりたいという方もいらっしゃいました。

しずかさんにその事をお知らせすると
物語の陶板の販売作品化も今後検討してみようかな。。とおっしゃっておりましたよ。


本格始動してまだ日が浅いしずかさんではありますが
今年はすごいペースで発表の場に作品を生み出す予定とか。
teto² では個展後も 少しではありますがしずかさんの作品お預かりして
ご覧になることができることになりました♫


個展 見逃した方には 新作ばかりでございます。
どうぞいらしてくださいませ。








そして 続きまして予告です。

絵本つながり とでも言いましょうか 
今週11日(金)から始まりますのは
由仁町在住の小島加奈子さんの
童話『キュンすけのおくりもの』の原画展です。


「絵本」とDMには印刷しておりましたが
昨日小島さんと搬入しながらいろいろお話をしていて
『キュンすけのおくりもの』は絵の力で読む子供たちを引き付ける「絵本」と言うより 
文担当の小原麻由美さんのお話にしっかりとしたコンセプトを感じる作品であり
そしてそのお話の世界に小島さんが寄り添うように
お話の世界を壊さぬように ご苦労なさって作り上げられた
童話と言うべき作品だと感じましたので
これからは童話『キュンすけのおくりもの』とご紹介することにいたしますね♪




















搬入を終え
企画展の奥の8畳間は 
美しい自然が描かれた小島さんの原画が並んだことで
なんだか森の中のような 緑に包まれたような 
不思議とほっこりとする空間に♡



奥のコーナーにはイスやスツールもご用意しましたので
お時間ある方はぜひぜひ『キュンすけのおくりもの』を読んで行かれてくださいね。



詳しいご紹介は明日以降
少しづつ~♪(今回は体調も万全に 投稿もまめにがんばります)




やはり原画の美しさは圧倒的ですよ。必見です。






週末は母の日でもありますね。
お母様とご一緒に♫
ご自分が母の方はお子様とご一緒に♫
キュンすけの世界観をみなさんで堪能しにいらしてください。
(お母さまへのプレゼントを常設作品の中から選ばれるのも素敵ですね~(^.^)うふふ♡)


原画展は午後1時~5時開催になります。

お楽しみに♡